謙徳公

「あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな」 謙徳公 百人一首 歌番45

最近改めて好きな百人一首から。
今回は英訳で!
「I know of no one who would pity me in my bleak circumstances. I am afraid that I am fated to die feeling empty, with nothing but unrequited passion.」(笑)

 

 

2018年5月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 院長