少子化

30年後に日本の人口は1億人を割りそうです。
その数より生産年齢人口の減少の方が打撃で、経済の縮小は自明。当然社会保障制度も崩壊するでしょう。
近々で言えば既にあらゆる子供向け経済規模の縮小は特に教育の面で質の低下を招きかねないし、実際一部を除いて住宅やオフィスの空室率は上がっており不動産価格の下落も進んで行くのではないでしょうか?

1+1が1や2では人口は増えません。3以上でないと・・・。
しかし目先のデフレ脱却不能社会ではなかなか「3以上」は考え辛いでしょう。社会環境も変わっています。
「消費者物価指数差し引いて1.3%給与増」とかニュースになってましたが、勤労統計は正しいんですか?厚労省さん(笑)
3月分、つまり年度末のでしょ?ちょっと盛ってません?そんなニュースじゃ「3以上」にはならないな。
少子化担当大臣ていったい何やってるんでしょうね?

お?今日は社会派?

 
いえいえ、逃避でしょう(笑)

 

2018年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 院長