限界生産力

生産要素の新規投入に対する生産量の増加を表すもので、生産関数を生産要素に関して偏微分することで定義されます。
一般に新規投入量を徐々に増やしていくと生産量は全体として増加しますが、増加分は徐々に減少(逓減則)。
経済学では基礎ですが、あらゆる分野に応用可能です。
別にこの単語を知ってるか否かではなく、ちょっと考えれば解る事。
慣習や経験という根拠のない信念でやるから大きく間違うのです。
きっとまた同じ間違いを繰り返すでしょう。
そして負の遺産。
最も被害を被るのはuserですよ・・・投入要素なんて知ったこっちゃありません。

 

2018年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 院長