驚くほどデカい


 
エアバスA380
大き過ぎて採算に合う路線が限られており、生産打ち切りも度々ささやかれており、事実今後の生産ペースは現時点で年27機から12機へ減っています。
効率化が生産継続の条件でありA380はA380plusへと進化予定ですが、エアバスには頑張って欲しいものです。
 
翼幅80Ⅿの超大型機の圧巻の離着陸を是非成田に観に行きましょう!(そりゃ乗れれば乗りたいさ・・・)

 

2018年12月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 院長