陽性率たって・・・


 
PCR検査した(出来た)ひとの中の陽性率であって、この時点でバイアスが極度にかかっちゃってる。
これが下がったって、より多く拡散するのは症状乏しく行動できるひとな訳で、症状があって受診するひとはそもそも行動範囲が限定される。
限定区域で感染者が増え、感染経路不明感染者が減ったように見えるのは当然。
一体誰がシステムを管理して数字だしてるんだか・・・。
下手すりゃ某社会主義国家より情報統制されてる。
そして効果の不明瞭な偽特効薬の急速承認と、新薬開発企業への期待からの株価競争。
減らせば良いものを減らさずばら撒く政治は不確定なバラ色の将来に責任をばら撒く。
 

もはや自分の身は自分で守るしかない。
 

2020年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 院長